サイトマップ 都庁総合トップページ
未来を支える読書
東京都子供読書活動推進計画

 

東京都子供読書活動推進計画について

「第三次東京都子供読書活動推進計画」の策定について

 東京都教育委員会は、平成13年に制定された「子どもの読書活動の推進に関する法律」第9条第1項の規定および国が策定した「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画」を踏まえ、平成15年3月に「東京都子ども読書活動推進計画」を、平成21年3月に「第二次東京都子供読書活動推進計画」を策定いたしました。

  第二次東京都子供読書活動推進計画期間(平成21年度から25年度まで)が終了し、また、国が平成25年5月に「子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画(第三次)」を策定したことを受け、東京都教育委員会では「第三次東京都子供読書活動推進計画」の検討を重ねてまいりました。  

  このたび、「第三次東京都子供読書活動推進計画」を策定いたしましたのでお知らせいたします。 第三次計画の主な目標は以下のとおりです。

 

≪主な目標≫

1 不読率の更なる改善

    (不読率:1か月に1冊も本を読まなかった子供の割合。二次計画の未読者率と同義。)

2 読書の質の向上

  読む本の質の向上、及び 読書に主体的関わる態度の育成

3 読書環境の整備

  区市町村での子供読書活動推進計画策定及びそれを支える人材育成

 

  今後、本計画に基づき、東京都は様々な事業や取組を実施し、子供の読書活動を積極的に推進してまいります。詳しくは別紙「第三次東京都子供読書活動推進計画」をご覧ください。

 

第三次東京都子供読書活動推進計画(平成27年2月)

第三次東京都子供読書活動推進計画 読書活動事例集(平成27年2月)

概要版1(平成27年2月)

概要版2(平成27年2月)

中間のまとめに対する意見募集の結果について(平成27年2月)

 

    

第二次東京都子供読書活動推進計画

 子供にとって読書とは「言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないもの」(「子どもの読書活動の推進に関す る法律」第2条)です。

 読書により、子供は広い世界を知り、自分自身の考えを確かめた り高めたりする体験を持ちます。そして、この体験を通し、考える 習慣、豊かな感性や情操、思いやりの心などを身に付けることがで きます。

 また、読書は、子供が、変化の激しい社会に主体的に対応してい くために、自ら課題を見いだし、考え、判断する、表現することが できる資質や能力をはぐくむものです。さらに読書を通して、子供 は多くのよい文章に触れることができ、語彙量の増大や文章を書く 力などの国語力の向上が期待されます。

 このように、読書は子供が自分の将来に夢を持ち、自己実現を図 っていく上で極めて重要な役割を果たしています。 子供が自主的な読書活動を通じて、生きる力をはぐくんでいくた めに、周囲の社会、大人は子供一人一人に対して、多様な読書のき っかけを提供し、様々な分野の本と出会える環境をつくっていくこ とが大切です。

 「第二次東京都子供読書活動推進計画」では、このような理念に のっとり、子供の読書活動を推進していきます。

 

第二次東京都子供読書活動推進計画(平成21年3月)

概要版1(平成21年3月)

概要版2(平成21年3月)

 

第一次東京都子供読書活動推進計画

東京都子ども読書活動推進計画(平成15年3月)

 

  • 読書活動推進モデル校テキスト
  • 都立図書館のページ
  • 区市町村のページ
  • 子供読書活動優秀実践校・図書館・団体表彰
  • 子供読書活動関連リンク集